MENU
運営者

しゃち

Shachi

ブログに訪問いただきありがとうございます。
1人で過ごすのが大好き、30代の女性です。園芸歴はいつの間にか20年越え。
だけど、ゆるゆるな感じで日々植物を眺めています。
このブログでは経験をもとに、植物栽培を始めたいという方の力になりたいと書いています。

観葉植物を始めるハードルをぐっと下げる“ポトスの水栽培”について解説

  • URLをコピーしました!
この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

詳しいプロフィール

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

しゃちです。ブログにご訪問いただきありがとうございます。

趣味って何か始めたいと思っても、思うだけでなかなか始められないことってありませんか?

私は、あれこれ興味を持つタイプの人間です。

それでも、やはりイメージだけが先行して、

しゃち

始めるの大変そうだなー。

など考えてしまうことは多々あります。

もるさん

観葉植物を育てることに興味はあるけど…。
趣味にするほど好きになるかわからないし、何から始めればいいかもわからない。

このように、観葉植物の栽培に関してもなかなかスタートできない人もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、ハードルを究極にぐっと下げるはじめの一歩を提案したいと思います。

タップできる目次

ポトスで水栽培を始めてみよう

それは、ポトスの水栽培です。

もるさん

ポトスの水栽培?何それ。

しゃち

まずはポトスと水栽培それぞれ何か説明しますね。

ポトスとは

ポトス

ポトスは私が思う中でもとても育てやすい観葉植物です。

ハートのような葉っぱが可愛いつる植物で、様々な品種も存在します。

斑が入っている種類は、葉っぱごとに模様が違っていて見ていて楽しいです。

斑(ふ)
…葉緑素が少ない、もしくは無く、色が薄くなったり白くなったりする部分

ポトスについては、以下の”おすすめの室内観葉植物”を紹介した記事でも紹介しています。

水栽培とは

水栽培は、土を使わずに水だけで植物を育てる栽培方法です。

一般的な栽培と違って、土を使わないので、部屋の中でも清潔に植物を育てることができます。

しゃち

植物工場などで野菜を育てるときも土の代わりに水を使って栽培されていることがありますね。

ポトスの水栽培について

ポトスの水栽培は、文字通りポトスを水で育てるということになります。

水の中にポトスを挿すだけなのであれこれ用意する必要が無く、管理も水を変えるだけ。

観葉植物の栽培をしてみたいけどなかなか始められない人にもおすすめの手間がかからない方法なのです。

ちょっと小話

ちなみに、私も初めて育てた観葉植物はまさにポトスの水栽培でした。

当時、どういう経緯でポトスを手に入れたかは覚えていませんが、水に挿しているだけで根っこが伸びたことにとても感動して、毎日何度も眺めていたのを覚えています。

ポトスの水栽培をおすすめする理由

では、ポトスの水栽培が初めての方におすすめする理由はどのようなものがあるでしょうか。

以下が私が思うメリットをまとめました。

しゃち

1つずつ見ていきましょう。

簡単に始められる

ポトスの水栽培は本当に簡単に始められます。

これが一番のおすすめポイントです。

強いて悩むならポトスを購入するときにどの品種をするか、くらいでしょうか。

また、あとで紹介していますが揃えるものは2つだけです。

もるさん

栽培ってなんだか始めるの大変そう…。

そういう方のハードルをぐっと下げて始めることができます。

とにかく手間がかからない

ポトスはとても丈夫です。

実家の裏口に飾ってあったポトスは私が実家にいた10数年間ずっと枯れずに青々としていました。

おそらく今も元気でいると思います。

しゃち

ちなみに母親はガーデニングが趣味というわけでは無いです。

それくらい育てやすい植物な上に、やることも日当たりのいい所に置いて、水を定期的に変える位です。

もるさん

植物に興味はあるけどめんどくさい作業は嫌だなぁ…。

という方も手を付けやすい方法なのです。

数百円で栽培を始めることができる

趣味ってものによっては始めるのにとてもお金かかることもありますよね。

しゃち

私も昔はあれこれ興味が沸いては、なかなかの金額を費やして始めたことありました。

もるさん

その割にはすぐにやめちゃったんだっけ?

しゃち

飽きっぽいもので…。

お金がネックでなかなか新しい趣味に挑戦できない方もいるのではないでしょうか。

今回の方法はかかっても数百円、下手したら0円で始めることができます。

なぜなら、ポトスは育ててる人がいたら、根が出ているところまで切ってもらえば無料で栽培できます。

もし知り合いに育てている人がいなくてもメルカリで最安値の300円で出品してくれている人もいます。

あとは、花瓶も100円ショップで売っていますし、見た目にこだわらないのならペットボトルを切ったものでも構いません。

もるさん

お金出して自分に合わない趣味だったらやだなー…。

という方にもポトスの水栽培はおすすめです。

成長が早く、育てている実感が湧きやすい

ポトスの水栽培は、透明な容器を使えば根っこを観察することができます。

最初は短かった根っこがどんどん伸びていく様子を見るのは見ていて感動ものです!

また、ポトスは比較的成長が早い植物なので、新芽が開いていくさまを観察するのも楽しいでしょう。

もるさん

育てている実感がわかなかったらやだなー…。

という方にも植物が生きているということを感じてもらえると思います。

置き場所に融通が利きやすい

植物と聞くとお庭やベランダで育てるイメージがあるかもしれません。

しかし、ポトスは耐陰性があるので家の中でも育てることができます。

耐陰性
…ある程度の期間なら日陰でも耐えることができる性質のこと

また、ポトスの水耕栽培は土ではなく水だけを使っているので、日が入るところなら様々な場所に置くことができます。

リビングや自分の机は勿論、土だと衛生面上置きづらいキッチンでも栽培することも出来ます。

もるさん

目につく場所じゃないと忘れちゃいそう…。

という方にもピッタリの方法だと思います。

ポトスの水栽培の始め方

それでは、実際にポトスで水の栽培を始めてみましょう。

用意する物

栽培を始めるにあたって、今回必要なものは2つだけです。

タップで各項目に飛びます。

もるさん

これだけでいいの?

しゃち

はい、これだけで大丈夫です!

ポトス

先ほどもお話しましたが、もし知り合いに育ててる人がいたら貰えるか聞いてみましょう。

根が出ているところを付けて切ってもらえれば大丈夫です。

しゃち

ポトスは節から根っこを出す植物です。
出来れば2か所根っこを付けて切ってもらいましょう。

赤矢印で示した部分が根っこです。

もし譲ってもらえる方が周りにいない場合はメルカリで300円~購入することができます。

色んな模様の葉っぱがありますので、好きなものを選びましょう。

ちなみにダイソーにもポトスを売っていることがあります。

しかし、土がついているので落とす作業が必要になります。

手間をかけたくなければ上記の方法で入手することをおすすめします。

花瓶

これは水が200~300mlほど入れば好きなものを選んでいただいて大丈夫です。

根っこを観察したい場合は、透明の方が楽しめますし、水の汚れもすぐに気付けます。

私は昔育てていた時は、ダイソーで買ったグラスを使っていました。

しゃち

薄い緑色にお花の削り模様が入っているグラスで、当時のお気に入りでした。

家にある花瓶やコップでもいいですし、見た目を気にしなければペットボトルでもいいです。

ただし、すぐ倒れないようなものを選びましょう。

育て方

上記2つが揃ったらいよいよ栽培を始めましょう!

セット方法

  • 根がつかるくらい水道水をグラスに入れます。
  • ポトスを差します。
  • セット完了
もるさん

やったー僕にもできたー!

しゃち

セッティングは本当にこれだけです。

置き場所

置き場所ですが、秋から春までは日光のよく当たる部屋で管理しましょう。

すりガラスくらいまでなら育つと思います。

こんな感じの窓です。

夏は日差しが強くなるので、同じように育てていると葉が焼けたり水の汚れが早くなってしまいます。

カーテン越しなどの柔らかい日差しのところに移動するなどして、直射日光を避けた場所で管理しましょう。

また、通年窓は時々開けて風通しを良くしてあげましょう。

水の交換

水は最低でも1週間に1度交換するのが望ましいです。

理由は、水はどんどん汚れていきますし、植物にとっても新鮮な水の方が元気に育つからです。

ちなみに水道水でOKです。

しゃち

夏場だけは3日に1度は替えたほうがいいです。
なぜならボウフラが沸いたことがあるからです…。(経験談)

栽培が楽しいとわかったら

ポトスの水栽培をすることで、栽培の第一歩が踏み出せました!

そして、もし栽培が楽しいと思えたら、是非次のステップに進んでもらえたらと思います。

ポトスは水栽培でも育ちますが、水だけだと栄養の供給がない状態です。

そのため成長スピードはゆっくりになりますし、あまり大きくも育ちません。

もっと立派に育てたいと感じたら、次は水で育てたポトスを土に植えると更に大きく成長します。

しゃち

土に植えてもポトスは育てやすいのでおすすめです。

このように、一つずつステップアップをして植物の世界にどんどん進んでもらえたら私も仲間が増えて嬉しいです。

観葉植物以外におすすめの水耕栽培

今回は観葉植物を育てたい方への第一歩としてポトスをメインに紹介しました。

しかし、観葉植物以外でも水で栽培できる植物はあります。

他の植物の第一歩におすすめする栽培をここでは紹介しします。

スプラウトの栽培

スプラウトはおそらく一番手軽にほぼ失敗無く作れる野菜だと思います。

スプラウト
…ブロッコリーやダイコンなどの野菜を発芽させた芽のこと。栄養が豊富。

買うものは種を蒔く容器と種だけ。

あとは水で育ちます。

しかも成長スピードが速く、食べることができるので野菜を育ててみたいけど大変そうと思う人は、始めるきっかけにおすすめです。

ハーブの栽培

レモンバームやミントなどのハーブもポトスと同じように、水につけておくと根が出て成長します。

水栽培だけでは料理に使うくらいの量にならないですが、もっと育ってみたいと思うきっかけにはなると思います。

根が出た後に土に植えて育てれば、どんどん成長して料理にも使えるくらい増えるのも夢じゃありません。

料理が好きな人にはおすすめです。

切り花

お花が好きなら、お花屋さんで切り花を購入するのも第一歩としておすすめです。

残念ながらポトスみたいに簡単に根っこが出てくる種類は少ないです。

しかし、仕入れている花は大抵開花直前のものが多いので、家で花開く様子が楽しめます。

それを見て自分でも育てて咲かせてみたいとなれば、そこからガーデニングをスタートすればいいと思います。

まとめ

今回は、観葉植物栽培をしてみたいけどその一歩が踏み出せない方向けに私が思う一番簡単な栽培方法をお話してみました。

何事も最初のハードルは低いことが大切だと思います。

まずはポトスを水につけてみて、植物が成長する感動を体験してみてくださいね。

それでは、しゃちでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次