MENU
運営者

しゃち

Shachi

ブログに訪問いただきありがとうございます。
1人で過ごすのが大好き、30代の女性です。園芸歴はいつの間にか20年越え。
だけど、ゆるゆるな感じで日々植物を眺めています。
このブログでは経験をもとに、植物栽培を始めたいという方の力になりたいと書いています。

【楽に癒しを!】栽培歴20年以上の私がちょっぴりマニアックで育てやすい植物“ハオルチア”を紹介

  • URLをコピーしました!
  • ちょっぴりマニアックで育てやすい植物を教えてほしい。
  • 栽培初心者だけど、あまり手のかからない植物を教えてほしい。
  • どうせならきれいな植物を育ててみたい。
この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

詳しいプロフィール

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

しゃちです。ブログにご訪問いただきありがとうございます。

植物って本当に沢山の種類がありますよね。

お花に、野菜に、観賞用の植物に…。名前を上げると本当にきりがありません。

もるさん

そうそう、ありすぎてどれがいいのかわからないよ

そこで今回は、栽培歴20年を超えた私が今まで沢山植物を育ててきた中で特におすすめしたい植物を紹介します。

タップできる目次

ハオルチアがおすすめ

まずは結論をお伝えします。

今回おすすめしたい植物の名前はハオルチアです。

もるさん

はおるちあ?
初めて聞いたかも。どんな植物なの?

しゃち

確かに、植物にあまり詳しくない人にとっては聞きなれない名前かもしれません。
でも、とても育てやすくてすごく美しい植物なんですよ!

ハオルチアは多肉植物と呼ばれる、葉っぱに水分を溜めることができる植物の1つです。

その最大の特徴は、植物とは思えないその個性的な美しさ。

種類によっては光を取り込むための半透明の窓がついているのが最大の特徴です。

軟葉ハオルチア
軟葉ハオルチア
もるさん

えー!?これ本当に植物?
なんかすごくきれい!

しゃち

私も初めて本物を見た時は衝撃を受けました。

ハオルチアをおすすめする理由

では何故ハオルチアなのか。その理由をまとめてみました。

他の植物とは一線を画す美しさ

ハオルチアは、他の植物とは全然見た目が異なります。

特に軟葉系ハオルチア(あとで特徴を紹介します)と呼ばれる種類は砂漠の宝石と呼ばれるほど美しい姿をしています。

まさに植物と言われても最初信じられないくらい。

他の植物にはない独特の見た目をしており、品種もたくさん存在するためコレクションする人も多いです。

意外と育てやすい

これは私の経験も入っていると思いますが、ハオルチアは、コツさえつかんでしまえば栽培が簡単に感じます。

今まで多くのハオルチアを育ててきましたが、ほぼ枯らしたことがありません。(唯一の失敗は夜の寒さに当ててしまったこと…)

特に、一番助かるのが光を多く必要としないこと。

他の植物はしっかり日が当たらないと弱ってしまったり、花が咲かなかったりします。

しかし、ハオルチアは元々そこまで強光を必要としない植物なので、多少日当たりが悪い環境でも栽培ができるのです。

成長がゆっくりで形が崩れにくい

花や野菜を育てたことがある方はわかると思いますが、植物って本当に成長が早いですよね。

観葉植物でさえ、成長期に突入すると1ヵ月前と姿が全然違うなんてこともよくあります。

では、早く成長することのデメリットは何か。

それは、形がすぐに崩れることです。

形が崩れると、枝を切ったりバランスを悪くしている葉を取ったり手入れが必要になってきます。

また、すぐ大きくなる=植え替えも多く必要になります。

しかし、ハオルチアは元々成長が遅いので、綺麗な形が長く続きます。

これは、ずぼらな方には本当にありがたいことです。

品種によっては安価で手に入れられやすい

昔はあまり見かけることが無かったハオルチア。

しかし、最近ではホームセンターや園芸店に行けばほぼ販売しています。

また、たまに100円ショップでも見かけます。

それくらい身近になりましたし、品種によっては安く手に入れることができるので、栽培も始めやすいです。

土を万が一こぼしても戻しやすい

これは他の多肉植物にも言えることですが…。

植物を栽培していて個人的にあるあるだと思うのは土をこぼした時のめんどくささだと思っています。

植物の土って基本湿っていて細かいので、一度こぼすと鉢に戻したり掃除するのが本当に大変です。

しかし、ハオルチアは多肉植物の一種なので、水やり直後でなければ基本乾いています。

それに、水はけのいい土なので粒が大きく、戻すのも比較的簡単です。

色々な姿の子がいる

ハオルチアには本当に多くの品種が存在します。

葉の先端が丸いもの、しゅっとしているもの。

きれいな黄緑色だったり、斑が入っていたり。

かわいらしい見た目だったり、渋い見た目だったり…。

そこからお気に入りの子を見つける楽しみもあります。

軟葉系ハオルチアと硬葉ハオルチア

じつは、ハオルチアには大きく分けて2タイプ存在します。

それが、軟葉系ハオルチア硬葉系ハオルチアです。

もるさん

んん?軟らかい葉と硬い葉?

しゃち

何のこと?となると思うので、説明しますね。

軟葉系ハオルチア

軟葉系ハオルチア

軟葉系ハオルチアは全体的に黄緑~緑色の個体が多く、硬葉系ハオルチアに比べて葉が柔らかい印象を持ちます。

そして、最大の特徴が窓を持っていることです。

しゃち

ここが他の植物にはない独自の生き方をしてきた証ですね。

ハオルチアの原産は南アフリカです。

自生地では乾燥しないように体を地中に埋め、窓で光を集めているようです。

硬葉系ハオルチア

硬葉系ハオルチア

硬葉系ハオルチアは、現在ハオルチオプシスという名前で独立しているようです。
しかしまだまだハオルチアの名前で浸透しているので、ここでは硬葉系ハオルチアとして紹介します。

硬葉系ハオルチアは、軟葉系ハオルチアとは見た目が全然違います。

まず、窓が無く見た目も文字通り硬い葉を持っています。

しかし、見た目のかっこよさと丈夫さもあってこちらも人気があります。

おすすめはどっち?

では軟葉系ハオルチアと硬葉系ハオルチア、どっちがおすすめでしょうか。

これは完全に好みの問題になるので、一概には「こっちがおすすめ!」とは言えません。

しかし、数種類栽培してきた私の主観を交えて表にまとめてみました。

※筆者は関西のほぼ雪が降らない地域で栽培しています。
 また、品種によってはこの通りではありません。

個人的には、以下のような印象を持っています。

しゃち

窓の美しさを楽しみたい人は軟葉系ハオルチア。

もるさん

とにかく丈夫でかっこよさを求める人は硬葉系ハオルチア。

ハオルチアの斑入り個体について

ハオルチアには、

  • 緑一色の斑無し個体
  • 白色と緑色のコントラストが綺麗な斑入り個体

の2種類があります。

斑無し個体

斑入り個体

斑入りハオルチアがどういうものか知りたい方は以下の記事を是非参考にしてみてください。

ハオルチアの育て方

ここまで読んで、ハオルチアの魅力に気づいてくれた方もいらっしゃると思います。

そこで、ハオルチアの育て方をまとめました。

ハオルチアを10年以上育てている私の経験も交えつつお話しています。

1年を通しての栽培カレンダー

ハオルチアは1年を通してどのように管理すればいいのでしょうか。

一般的な栽培カレンダーを作成しました。

ハオルチア栽培カレンダー
ハオルチア栽培カレンダー

タップで各項目に飛びます。

水やり

ハオルチア水やり
ハオルチア水やり

水やりをするときは、水がしっかり鉢の底から抜けるまでたっぷりあげましょう。

中途半端に水を上げてしまうと、水が出口までたどり着けず、ずっと土にとどまります。

そして、過湿となり根が腐ってしまう原因になってしまうのです。

しゃち

ちなみにお水は水道水で問題ないですよ。

春~初夏・秋の管理

ハオルチア水やり春と秋
ハオルチア水やり春と秋

春~初夏と秋はハオルチアにとって最高の季節です。

成長期に当たるので、どんどん大きくなろうと頑張ります。

そのため、水やりも土がしっかり乾いたら定期的に与えましょう。

もるさん

でも、土がしっかり乾いたかどうかなんてわからないよ…。

しゃち

そんな時のために目安を書いておきますね。

  1. 土の表面がしっかり乾いてから数日後に水をあげる
  2. 葉が少ししぼんできたら水をあげる

ハオルチアは多肉植物ですので、多少水やりが遅れてもほぼ枯れません。

また、多少葉がしぼんでも水をあげればちゃんと戻ります。

湿っている内にさらに水をあげてしまう方が根腐れを起こす原因になるため、ハオルチアにとっては死活問題です。

根腐れ
…土の中が常にじめじめしているせいで根が傷んで腐ってしまっている状態

ちなみに私は、植物が欲しそうだなーと思ったら水をあげています。

しゃち

つまり勘です笑

長く育てていると、なんとなく感覚がわかってきます。

それまでは、上記の目安を参考にしてみてくださいね。

夏の管理

ハオルチア水やり夏
ハオルチア水やり夏

夏はハオルチアが休眠する時期になります。

休眠
…適さない時期を乗り切るために、成長をストップすること。

そのため、水やりは月に一度まで減らします。

休眠中は水を吸うスピードも遅くなるので、春・秋と同じ頻度であげていると、根腐れを起こしてしまうからです。

しゃち

水やりを減らすと葉がしわしわになって心配になりますが、秋になればちゃんと復活しますのでご安心を!

冬の管理

ハオルチア水やり冬
ハオルチア水やり冬

冬も夏と同じく休眠するので、水やりを控えます。

また、ハオルチアは5度以下になると寒さで枯れる可能性も出てきます。

そのため、カレンダーでは12月は月一度の水やり、1-2月は凍ってしまう危険性も考慮して断水としています。

しゃち

ただ、毎年気温や状況は変化します。
様子を見ながら12月も必要なら断水して大丈夫です。

開花時期

ハオルチア開花時期

ハオルチアの花期は春~初夏になります。

しゃち

お花はこんな感じです。

もるさん

わぁー!小さくてかわいいね!

蕾が上がるということは元気に育っている証拠。

うまく育てられているということなので、自信を持ちましょう!

花を咲かせるメリットとデメリット

見ていて楽しいお花。

では、開花することのメリットとデメリットはあるのでしょうか。

メリット花を長期間楽しむことができる。
品種交配を行うことができる。
デメリット開花にエネルギーを使って調子を崩す可能性がある。

メリット

  • 花を楽しむことができる。
  • 品種交配を行うことができる。

1つ目は、花を楽しむことができます。

ハオルチアは、お花が一気に咲くわけでは無いので、長く鑑賞できますよ。

2つ目は、品種交配をできることがメリットです。

もし2品種持っていて、同時に開花すれば、交配してオリジナル品種を作ることができます。

そういった楽しみもお花にはありますので、鑑賞したり新しいハオルチアを生み出したいなら蕾をそのまま咲かせましょう。

花が終わると、花茎が残ります。
カラカラになるまで放置してから引っ張るときれいに抜けます。

デメリット

  • 開花にエネルギーを使って調子を崩す可能性がある。

開花は、植物にとってとてもエネルギーを使う行為です。

自分の成長よりも子孫を残すことを優先するためです。

ですが、このデメリットはあまり心配する必要はないと思います。

しゃち

私が今まで育ててきた中で、花を咲かせたせいで株が弱ったり、枯れたりということは全くありませんでした。

よほど弱い品種でない限りはあまり気にしないで大丈夫でしょう。

ただし以下の時は花茎を切ることをおすすめします。

  • すぐに植え替えをする予定がある
  • 苗がまだ小さい

植え替えは、ハオルチアに多少なりともダメージを与えてしまいます。

そのため、もし植え替え予定の苗に蕾がついていたら、かわいそうですがカットして体力を温存させてあげましょう。

しゃち

一度蕾が上がったということは、環境が合っているのでまたついてくれますよ!

また、ハオルチアがまだ小さい時も、体力があまりないのでまずは大きくすることを優先してくださいね。

植え替え

ハオルチア植え替え時期

植え替えは生育期に入る前の3月-4月か9月-10月の間に行います。

植え替えをしてから次に植え替えるまでの目安はだいたい3年に1度と考えるのがいいでしょう。

しゃち

ハオルチアは成長がとてもゆっくりなので、なかなか大きくならないからです。

私の場合、3年経過後に植え替えるか、鉢いっぱいに葉が広がってもう成長出来ない状態なら植え替えを行っています。

ポットぎりぎりまで成長して余裕が無いハオルチア

ポットぎりぎりまで成長して余裕が無いハオルチア

置き場所

置き場所は基本ベランダや庭など外で管理すると、空気の流れもよく、日照問題も解決しやすいでしょう。

部屋の中でも、日光が入る場所なら育てることができます。

しゃち

私は昔すりガラスの窓越しに部屋の中で栽培していたことがあります。

すりガラスの窓

こんな感じの窓です。

ただし、風が無いので植物が病気にかからないように注意しましょう。

また、1年を通して温かい場所に置くことになるため、水やりは季節問わず定期的にあげるようにするとよいでしょう。

春~初夏・秋の管理

ハオルチアは光量を多く必要としない植物ですが、春と秋は生育期です。

そのため、私は基本以下のような環境で栽培しています。

午前日がしっかり当たる場所
午後明るい日陰

日がしっかり当たる場所
…ここでは、日光が直接当たって影がしっかりできるような場所としています。

日がしっかり当たっているハオルチア

日がしっかり当たっているハオルチア

明るい日陰
…ここでは、日が直接当たらず影がほぼできないような場所としています。
(植物がきれいに撮影できるような場所)

明るい日陰にいるハオルチア

明るい日陰にいるハオルチア

直射日光に当てるとどうなるのか

ハオルチアを直射日光に当てすぎると色がきれいに出なかったり、最悪葉焼けする可能性があります。

葉焼け
…強い光を受けることで葉が焼けて、茶色や黒色に変色してしまう障害

そのため、1日中ガンガンに日が当たる場所には置かないようにしましょう。

実家にあるハオルチアのお話

実家にある100円ショップで購入したハオルチア(おそらくシンビフォルミス系とオブツーサ系)は、年中直射日光を浴びていますが、元気に育っています。

しかし、色は鮮やかな緑ではなく、褪せた黄緑色という感じです。

しゃち

色を気にしなければ、丈夫な品種に関しては常時直射日光でも問題なさそうですね。

夏の管理

夏も初夏は春・秋と同じような管理で大丈夫でしょう。

しかし、問題は真夏です。

真夏に同じように日当たりのいい所に置いておくと、高温と光が強すぎてダメージを受け、葉焼けしたり、調子を崩します。

そのため、私は真夏の間はずっと明るい日陰に置いています。

しゃち

夏は休眠しています。成長はほぼしないので、今まで明るい日陰に置いておいても特に問題はありませんでした。

特に斑入り品種は色素が薄い部分が多く、ダメージが大きくなりやすいので早めに移動することをおすすめします。

冬の管理

ハオルチアは、5度を切らなければ外で管理できます。

逆に言うと、5度以下は枯れる可能性が高まります。

そのため、寒くなる時は室内に取り込むようにしましょう。

例としては以下のような時です。

  • 雪が降る日
  • 寒波
しゃち

私は過去取り込まなかったことで、お気に入りの子を枯らしてしまったことがあります…。

もるさん

悲しい教訓だね…。

もし部屋で管理ができるなら、冬の間は室内に置いておくのも一つの手です。

その際、部屋の温度が温かいと成長してしまうので、光合成できるように必ず日当たりのいい場所に置いてあげましょう。

施肥

ハオルチア施肥時期

肥料ですが、私は特に与えていません。

ハオルチアはあまり養分を必要としないので、与えなくても問題なく成長します。

その代わり、植え付ける土を配合するとき、使用する培養土に元肥(もとごえ)が入っているものを選んでいます。

元肥入りの培養土

元肥
…植物を植え付ける際などに、事前に与えたり土に混ぜておく肥料のこと

もるさん

植物ってみんな沢山肥料上げないといけないのかなって思っていた。

しゃち

ハオルチアに関しては、この方法で今のところ問題なく成長しています。お花も咲きますし、子株もできています。

逆に良かれと思ってあげ過ぎると、成長スピードが速くなって形が崩れたり、養分過多で調子を崩すこともあります。

ちょっと厳しめに育てたほうがきれいに育ちますよ。

しゃち

人も甘やかしてたくさんご飯を食べさせると、太ったり病気になってしまうのと同じ感覚だと思います。

ハオルチア以外でおすすめの植物

筆者にとって、ハオルチアの栽培はほんとうにおすすめです。

しかし、

もるさん

ハオルチアなんて、初めて聞いたし、綺麗だけどそんなに好みじゃないよ…

という方もいると思います。

そんな方にはべたではありますが、よく聞く観葉植物も育てやすいものが多いです!

こちらは100円ショップでも簡単に買えるので、とても始めやすいですね。

まとめ

ハオルチアは1つ育てるだけでも、本当に美しくて癒し効果があります。

また、成長もゆっくりなのでのんびりお世話を楽しめる趣味です。

育てやすい植物やちょっと変わった植物を育ててみたい方は是非ハオルチアを検討してみてくださいね。

それでは、しゃちでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次