MENU
運営者

しゃち

Shachi

ブログに訪問いただきありがとうございます。
1人で過ごすのが大好き、30代の女性です。園芸歴はいつの間にか20年越え。
だけど、ゆるゆるな感じで日々植物を眺めています。
このブログでは経験をもとに、植物栽培を始めたいという方の力になりたいと書いています。

【写真付き解説】ハオルチア栽培歴10年以上の私が植え替え方法を詳しく解説

ハオルチアの植え替え方
  • URLをコピーしました!
この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

この記事の著者
プロフィール画像

しゃち Shachi

詳しいプロフィール

▼1人でのんびり過ごすのが好きな30代女性

▼好奇心旺盛で色々挑戦する中、栽培歴が20年を超えているという事実が発覚。

日々ゆるゆると植物を育てている経験をもとに、みどりがある暮らしを楽しむアイディアをお伝えしています。

しゃちです。ブログにご訪問いただきありがとうございます。

ハオルチアを育てていたらいずれはやらないといけない作業。

それが植え替えです。

もるさん

ハオルチアが大きくなって鉢が窮屈だから植え替えたいけど、やり方がよくわからない…。

しゃち

確かに、初めてすることってどこから手を付けたらいいかわからないですよね…。

今回はハオルチア栽培歴10年以上の筆者が、栽培しているハオルチアを実際に植え替えたので、ハオルチアの植え替え方法をお話します!

しゃち

写真も沢山撮りました!

この記事は一般的なハオルチアの植え替え方法を元にしつつ、私のやり方を交えています。
こういうやり方もあるんだと考えていただければと思います。

※筆者は雪がほぼ降らない関西圏で栽培しています。
※軟葉系ハオルチアも硬葉系ハオルチアも同じように育てています。

そもそもハオルチアってどんな植物?と初めて知った方はこちらの記事もどうぞ。

斑入りハオルチアについて知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

タップできる目次

植え替えの時期

ハオルチア植え替え時期

ハオルチアの植え替え時期は、成長期に入る前の3-4月9-10月になります。

それ以外の時期は株にダメージを与えてしまう可能性があるため、極力避けましょう。

下の記事に栽培カレンダーを載せていますので、良ければ参考にしてみてください。

準備する物

植え替えをするためには準備する物があります。

こちらに私がいつも植え替えするときに使うものをまとめました。

※すぐに植え替え手順を知りたい方はこちらをタップしてください。

もるさん

結構揃えるものあるね。

しゃち

確かにそうですね。
ですが、一度買えばずっと使えるものもありますし、100円ショップで買えるものもありますよ!

鉢やポットなど植える容器

プラ鉢

まず用意すべきな物は、植え替え先の鉢やポットです。

基本は、今植えてある鉢・ポットの1サイズ上の物を用意します。

例:2号ポットに植えてあったら3号ポットに植え替え

鉢・ポットサイズ
…鉢やポットはサイズを○○号と表示します。1号は口径3㎝になります。
1号→口径3㎝、2号→口径6㎝、3号→口径9㎝

沢山植物を栽培している人は、ポリポットが安価でおすすめです。

そうでない場合は、おしゃれな鉢が販売されていますので、是非お気に入りの物を探してみましょう。

しゃち

私は植物をメインにしたいので、基本黒しか買いません。

土は、市販の多肉植物の土を使用すれば問題ないでしょう。

ホームセンターの園芸コーナーや園芸店に行けばほぼ必ず置いてあります。

市販の土を使用する場合は、以下のものを用意して混ぜておきましょう。

・肥料が配合されているか確認しましょう。
もし配合されていない場合は、マグァンプK(中粒)という緩効性の肥料を一つまみ植え付ける土に混ぜておきます。
オルトラン粒剤を適量混ぜておきます。

しかし、もし好みの土が見つからない場合は自分で土を作ることもできます。

しゃち

私はまだ好きな市販の土に出会えていないため、自分で作っています。

こちらの記事では、私流のオリジナル土の作り方をご紹介しています。

オリジナル土の配合や作り方は下の動画を参考にしています。

多肉植物の土の選び方・作り方 いつも使っている土を紹介 \ PortobelloMarket多肉チャンネル
https://youtu.be/xzvnsC7rATA?si=AxN9BwdS3u6Q1Q_b

この動画を元に、私が使用している土を紹介します。

タップで各項目に飛びます。

()の中は土の割合です。※動画の割合とほぼ同じです。

園芸培養土

培養土のお値段はピンからキリですが、私は5Lで400円程度のものを使用しています。

理由は安くて大量に入っている培養土はあまりふかふかしていなくて、気に入らなかったからです。

しゃち

お値段に比例するところはあるのかなと思いました。

写真の花ちゃん培養土は元肥(もとごえ)入りなので、私はこれだけで肥料を賄っています。

元肥
…植物を植え付ける際などに、事前に与えたり土に混ぜておく肥料のこと

元肥入りの培養土

赤玉土(小粒)

赤玉土

動画では硬質赤玉土を使用していますが、私は普通の赤玉土を使っています。

理由は、硬質赤玉土が近くのホームセンターには大袋のものしかなかったからです。

しゃち

大袋だと場所をとるのと、使い切れないためです…。

ですが、今のところ問題なくハオルチアは育ってくれています。

もちろん硬質赤玉土の方が硬くてつぶれにくいのでおすすめです。

でも、どうしても手に入れるのが難しければ普通の赤玉土でも代用可能です。

軽石

軽石

軽石は、水はけを良くする効果があり、底石にも使用できます。

動画の通り小粒を使用しています。

鹿沼土

鹿沼土

動画では硬質鹿沼土の小粒を使用していますが、私は普通の鹿沼土(粒のサイズバラバラ)を使用しています。

こちらの理由は、近くのホームセンターで販売していなかったからです。

しゃち

巨大なホームセンターや園芸店なら売っているんでしょうか…。

こちらも硬質ではない方を混ぜていて特に問題が発生したことはありません。

ただ、サイズの選別がされていないので、大きい塊も混ざっています。

ふるいにかけて自分で選別するか、持っていなければ1.5㎝以上の大きいものを取り除いてから配合しましょう。

くん炭

くん炭

くん炭は、水分保持力を高め、空気の通り道を作ってくれます。

土の作る量にもよりますが、少ししか配合しないので、一番少量の袋を買えば十分足ります。

オルトラン粒剤

オルトラン

オルトラン粒剤は白い粒状の殺虫剤です。

一袋購入すれば様々な植物に使用できますし、優れた殺虫効果を発揮するので持っておいて損はありません。

しゃち

使用する際は必ず袋に記載されている容量を守って配合するようにしましょう!

鉢底ネット

鉢底ネット

鉢底ネットは、文字通り鉢やポットの底に入れるネットです。

虫の侵入を防いだり、土が零れ防止になります。

写真のような網目状のシートを鉢サイズに合わせてカットして使用します。

しゃち

ですが、私はあまりこれを使用していません。

理由は、鉢底の形に合わせてカットするのが苦手だからです。

もるさん

僕も不器用だからわかる…。

四角い鉢ならまだいいのですが、丸い鉢はぴったりにカットできなくてどうしても隙間ができます。

それが嫌なので、最近はお茶パックを使用しています。

お茶パック
お茶パック

お茶パックを切り開いて一枚のシートにすれば、どんな鉢底にもフィットします。

もちろん水は通り、ぼろぼろにもならないので、ちゃんと機能は果たしてくれます。

鉢底石

鉢底石

鉢底石は、鉢やポットの底に入れる石のことです。

鉢底石という名前で販売されていますので、園芸店やホームセンターで探せば見つかるでしょう。

代用として、以下のようなものも使うことができます。

  • 発泡スチロールを砕いたもの
  • ハイドロボール
  • 軽石
しゃち

今回の記事では軽石を使用しています。

軽石

軽石は、土を自分で作る場合は配合に使っているため、プラスで買い足さなくて済みます。

また、ハオルチアは小さめの鉢を使用することが多いと思うので、粒のサイズも小粒で問題ないと思います。

鉢底石としても使用可

袋にも”鉢底石として使用可”と書いてありました。

下に敷くもの

作業をするとき、下に何か敷くものを用意することをおすすめします。

理由は、土やごみが散らばって掃除が大変だからです。

しゃち

これ、経験談です。(こそっ)

大きな受け皿など深さがある程度ある容器がおすすめです。

しかし持っていない場合は、段ボールを敷いたり、45Lの袋の中で作業するのでも問題ありません。

ご自身が作業しやすい方法を見つけましょう。

土入れ

土入れ

土をすくって鉢に入れる筒状のスコップです。

1つ持っておくと便利な道具です。

園芸ばさみ

園芸ばさみ

よく切れるものを買いましょう。

切れ味が悪いと、断面図がつぶれてしまい植物が痛む可能性があります。

割りばし

割りばし

土を鉢に流し入れた後、中の隙間を無くすために使用します。

1本でいいのでお家にあるものをパキッと割りましょう。

手袋

ビニール手袋

植え替えを素手で行うと、必ず爪に土が入ります。

そして、入ったらしばらく取れません!

しゃち

それだけでなく、目や耳の中を触ると炎症を起こす危険性もあります。

そうならないためにも、ビニール手袋をきちんと着用しましょう。

少し高くても使い勝手を優先するなら、ぴったりとしたゴム手袋が一番作業しやすいのでおすすめです。

植え替えの手順

植え替えの手順をご紹介します。

植え替え前、植え替え作業、植え替え後で3つの項目に分けています。

タップで各項目に飛びます。

今回はこちら、ブラックベルディアナの植え替えを行います。

ブラックベルディアナ

元気に成長してくれたおかげでポットぎりぎりまで葉を広げてくれました。

しかし、このままでは窮屈のため、植え替えをします。

ポットに余裕が無いハオルチア

植え替え前の作業

ここでは、新しい鉢に植えつける前に行う苗の下処理を行います。

植え替え前の水やりについて

植え替え前の水やりについては、2つ意見があるようです。

  • ハオルチアは多肉植物だから水やりを数日控えてから植え替えるべきだ。
  • ハオルチアは乾燥を嫌うから、乾かさないように水やり後に植え替えるべきだ。

これに関して、申し訳ありませんが私の方ではどちらか正解かわかりません。

私はいつも水やりをした2日後に植え替え作業を行っていますが、それが原因で調子を崩したり枯れたりしたことはありません。

しかし、土を落とすという観点ではもう少し土が乾いてから植え替え作業をすると、落としやすいのではないかと思います。

STEP
作業をする準備を行う
  • 園芸ラベルを無くさないように鉢から抜いて保管しておきましょう。
  • 植え替えに使うものを全て用意しておきましょう。
  • 手袋をしておきましょう。
しゃち

あと、余談ですがお手洗いも先に済ませておくとバタバタしなくてすみますよ!

手首のところをゴムで止めておくと土が入り込む予防になります。

手首のところをゴムで止めておくと、土が中に入りにくくなります。

STEP
蕾が出ていたらカットする

蕾が出ている場合は、かわいそうですがカットしましょう。

開花はエネルギーを消費する行為なので、植え替えでダメージを受けたハオルチアが弱ってしまう可能性があるからです。

蕾を切る

持っている園芸ばさみだと刃が広くて葉も切りそうだったので、今回は小さな鋏を使いました。

カットできない蕾

もう1つありましたが、まだ切れないので植え替え後、伸びたらカットします。

STEP
枯葉を取り除く

外葉が枯れていたら全て取り除きます。

左右に小刻みに揺らしながら引っ張ると簡単に取れます。

枯葉を取る
STEP
古い土を落とす

古い土を落とします。

根元にある土を落とし、根もほぐすようにしながらできる限り土を取り除きます。

この時、強く引っ張って根を不用意にちぎらないよう気を付けてください。

土を落とす
STEP
根をカットする

※あまり根が伸びていなかった場合はこの作業は必要ありません。

土が8-9割落とせたら、根をカットします。

カットには、植え替えた時に根が新たに伸びるためのスペースを確保する意味があります。

カットする目安は全長の約半分~2/3です。

今回は赤い点線当たりでカットすることにしました。

根をカットする場所
カットしていい根について

ハオルチアにはカットして問題ない根と、カットしないほうがいい根があります。

まず、カットしていい根は糸のように細い根です。

細い根

これはカットしてOK

一方で、根を観察すると太い根も見つかります。

こちらをカットすると、ダメージを与えてしまうので、切らないように気を付けましょう。

太い根

何本か太い根がありました。これは切らないで残しておきます。

STEP
余分な根を取り除く

カットが終わったら、最後に余分な根を取り除きます。

余分な根とは、古くなった根やカットしたまま残ってしまった根のことです。

取り除くときは、根を引っ張らないよう力を入れずに触りましょう。

余分な根を取り除く
余分な根を取り除く
STEP
下処理完了

ここまで作業が出来たら、次はいよいよ新しい鉢に植え替えていきます。

下処理が完了したハオルチア

植え替え作業

STEP
鉢に鉢底ネットを敷く

植え替え先の鉢やポットを用意します。

植え替え前のポットが2.5号(口径7.5cm)、苗の直径が10.5cmだったので、今回は4号鉢(口径12cm)を用意しました。

プラ鉢
プラ鉢

今回は鉢底ネットの代わりにこちらで紹介したお茶パックを切り開いて底に敷きました。

お茶パックを敷く
STEP
鉢底石を敷く

次に、底石を敷きます。

厚みの目安は鉢の高さの1/5もしくは2~3cmと言われています。

今回は約2㎝の厚みで軽石を入れました。

軽石を使用する際は、粉が石についていますので敷く前に水で一度洗いましょう。
そのまま敷くと、粉が底に溜まって水はけが悪くなってしまいます。

軽石を入れる
STEP
多肉植物の土を入れる

底石を入れたら、次は多肉植物の土を入れます。

だいたい鉢の高さに対して1/3~半分入れましょう。

この後植物の根を埋めるので、そのスペースを確保しておくよう気を付けます。

土を入れる
STEP
ハオルチアを置く

土を入れたら一度ハオルチアを置いてみましょう。

あまりにも低すぎるようなら、もう少し土を入れて底上げします。

今回は、鉢の内側にある線の辺りにハオルチアの根元が来るようにしたいと思います。

ハオルチアを置く

株を持ち上げながら、根を埋めるように土を流し込みます。

この時にハオルチアの高さが丁度よくなるよう、調整してください。

土の表面は、鉢の縁から約1㎝程下に来るようにすることをおすすめします。
水を与えるときに、土が零れにくくなるためです。

土を入れる

土を入れ終わりました。

一旦土を入れ終わった状態
STEP
土の隙間を無くす

土は入れましたが、ここで終わりではありません…。

実は、ただ入れただけでは入れた土に隙間ができている場所があり、全体に敷き詰められていない状態です。

そこで、隙間を無くしていく作業を行います。

割りばしで土を挿すイメージ

ここで割りばしが登場します。

割りばし

ハオルチアを抑えながら、鉢の縁に沿ってザクザクと割りばしを上下に動かして挿していきます。

だいたい2周します。

この時、必ず植物から離れたところを刺してください。
植物に近いと、根っこを刺してダメージを与える可能性があります。

割りばしで土を挿す

挿し終わると、さっきは土で見えなかった内側の線が見えるようになりました。

隙間を無くす作業を行ったことで、土の高さが下がったためです。

土を挿し終わった状態
STEP
土を足す

減った高さ分土を足します。

減った土を足す

最後に、植物を軽く押さえながら、優しくとんとんと鉢底を床に打ち付けて土の隙間を更に埋めます。

軽く植物を押さえてとんとんする

図で解説するとこのような感じです。

軽く植物を押さえて優しくとんとんするイメージ
STEP
植え替え完了!

これでハオルチアの植え替えは完了です。

忘れないうちに、保管しておいた園芸ラベルを挿しておきましょう。

お疲れ様でした!

植え替え完了

植え替え後の管理

無事植え替えが終わりました。

ではこの後はどうしたらいいのでしょうか。

水やり

まず、水やりは2~3日後に行うとよいでしょう。

これは植え替え直後だと、まだハオルチアが新しい環境に慣れていないため、少し落ち着かせてあげるためです。

置き場所

私は、植え替えてから約1週間ほど明るい日陰で管理しています。

明るい日陰
…ここでは、日が直接当たらず影がほぼできないような場所としています。
(植物がきれいに撮影できるような場所)

明るい日陰にいるハオルチア

日光に当てると成長を始めようとして、体調が戻らないうちにエネルギーを使い始めてしまいます。

そのため、私は1週間後から徐々に日の当たるところに移動して通常の環境に慣らしていっています。

植え替えで出た古い土について

植え替えをすると、元の鉢から古い土が出てきます。

土ですが、残念ながら一般ごみとして廃棄ことができません。

しゃち

そのため、私は土を再利用しています。

古い土を消毒してから、少しずつ新しい土に混ぜて次の植え替えの時に使うようにしています。

こうすることで、新しい土を買うコストも減りますし、廃棄する手続きも取らなくて済みます。

まとめ

今回、準備する物から植え付け方までかなり詳しく書いてみました。

また、私がいつもしているやり方も紹介してみました。

この記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

それでは、しゃちでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次